クラゲの種類と特徴

夏に忍び寄る猛毒クラゲ アンドンクラゲの特徴と魅力について

anndonn2

こんにちは(#^^#)

本日は夏のクラゲでお馴染みであり、最も気を付けなければならない猛毒クラゲ

アンドンクラゲ(Carybdea brevipedaliaについて紹介します!!

あんどんn

Class:箱虫綱

Order:アンドンクラゲ目

Family:アンドンクラゲ科

Genus:アンドンクラゲ族

 

 

 

もしかしたらもう既にお世話に(刺されて)なっている方もいるのでは無いでしょうか?笑

本種は1891年 岸上鎌吉博士により発見され、Carybdea rastoniと名付けられました。しかし2010年に行われた分子系統解析により、日本近海に分布する種は別種であることが判明し現在のCarybdea brevipedaliaとなりました。

rennzu特徴としましては、

・行燈状の傘(出現時期がお盆であることも由来)

・特徴的な四本の腕(葉状体)から伸びる長い触手

・四つの大きな眼点

です。

左図は箱虫類の眼点を拡大した写真。レンズまで搭載してることから脊椎動物の目と似た構造をしている事が分かります。

特に目は非常に良く、夜に集魚灯を垂らすと集まってくるので容易に採集することが出来ます。

(遊泳能力が他のクラゲに比べて優れているのも特徴的ですね!!)

しかし、近年新種として発見された(リュウセイクラゲ)と非常に見た目が類似しているので注意が必要です。

 

海に出る方はご存知がと思いますが、本種の毒は強力であり、刺された直後には激しい痛みに伴い、眩暈や頭痛、嘔吐の症状が出ることがあります。公式で発表されている限りでは死亡例はありませんが、何度も刺されるとスズメバチでお馴染みのアナフィラキシーショックを起こす危険性があり、十分な注意が必要です。

・補足事項

アナフィラキシーショック:外部から体内に人体に影響があると抗体が判断したものが入ることで、急激に引き起こされる全身性の強いアレルギー反応の事。

(毒に関する記事は此方をcheck!!)

 

ameburoもしアンドンクラゲに刺された際には、手で擦ったり、真水で洗い流そうとはせずに「お酢」を下部にかけて下さい!!他のクラゲの毒とは異なり、アンドンクラゲ(アカクラゲ・ハブクラゲにも有効)の毒はお酢により活性を失います。因みにオーストラリア等ではこの様な立て札の傍には常にお酢が配置されております。

 

※お酢は全てのクラゲに対して有効な訳では無いのでご注意ください!!

 

非常に危険なクラゲである一方で、魅力に溢れたアンドンクラゲ。

しかし本種における生活史はまだまだ未知の部分が多く、謎の多いクラゲでもあります。

andonn

表層に集団で集まる行為、通称「アンドンだまり」この行為の真意も未だ謎である。

それではまた次の記事でお会いしましょう♪

コメント

コメントを残す

*