クラゲの種類と特徴

クラゲ大量発生の秘密を解明せよ!!

%e3%82%aa%e3%82%ad%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%b2

※今回の記事はプラヌラ・ストロビレーション・エフィラ
と言った言葉の理解があった方が楽しく読めるかと思います♪
語句の意味が理解できていない方は先に以下の記事をご覧ください♪
→クラゲの特徴ヒドロ虫綱鉢虫綱

皆様お久しぶりです。
年末となり、色々とバタバタしておりました。
その間には大雪に見舞われ、仕事の増加、シンポジウムでの発表・・・。

皆様は如何お過ごしでしょうか?
インフルエンザが例年よりも早く流行しているようですので、
予防注射等と確りとした対策を行い、年末を楽しくお過ごしください( *´艸`)

 

さて、今回の話題は「クラゲの大量発生」です。
皆様は大量発生と聞いて何クラゲを想像するでしょうか?
ミズクラゲ、アカクラゲ、エチゼンクラゲetc…。
様々なクラゲが地球上では多く大量発生し、私たちの生活に大きく関わってきています。
日本においては確認されているだけでも1920年から富山湾で
エチゼンクラゲの大量発生が確認され、漁業被害が報告されています。(安田 1988)
最近ですと、鹿児島湾でタコクラゲの大量発生が見られましたね。
%e3%82%bf%e3%82%b3%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%b2%e3%80%80%e5%a4%a7%e9%87%8f%e7%99%ba%e7%94%9f

また大量発生すればそれだけアンドンクラゲ等による刺傷被害も増大する可能性が高くなります。
%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%b2

皆さんは何故クラゲが大量発生するかご存知でしょうか?
あんなにもフワフワした、か弱い見た目をしたクラゲがあんなにも大量に。
今回はクラゲ類が発生する上で重要だと考えられている環境要因について纏めてみました!

 

,水温
クラゲ類が大量発生する要因として最も知られている環境要因として、
「水温」が挙げられます。

多くのクラゲ類はこの水温上昇及び低下がポリプからエフィラを遊離する条件として
必要である事が判明しております。
代表例としてミズクラゲでは一般的に水温を22~25℃から15~10℃へと低下させると
約二週間後にストロビレーションを起こすことが判明しております。
 6

特に鉢虫綱の多くは一つのポリプから複数のエフィラを遊離させます。
仮に1つの湾に1万のポリプがあり、それぞれが7つのエフィラを遊離させたと考えたら…。
凄い量になりますね(;´・ω・)

この時遊離前のポリプが栄養をどれだけ溜め込む事が出来たのかも
非常に重要な要因に含まれることが判明しており、先行研究では餌を与えたもの、与えていないものでは平均遊離数が約3.5倍も異なることが判明しており、
 %e9%ab%98%e6%9d%91%e3%80%802014
大量発生にはポリプ期の餌生物量も大きく関わっていることが判明しております(高村 2014)
つまり如何に多くの餌をポリプ期に捕食して、この水温変化のタイミングに備えられるかが
大量発生の鍵となりそうですね。

                                                                                             

2,pH

近年ではpHもクラゲ類が大量発生する上で非常に重要なのではないかと考えられています。

一部の論文においてはあまり影響が無いとも言われていますが、
同じ刺胞動物門であるサンゴではpHを段階ごとに低下させた環境下でプラヌラの着底率が、
pH低下の低下と比例関係にある事が判明しました。(Christopher & Guillermo 2013)

 high-co2-reduces-the-settlement-of-a-spawning-coral-on-three-common-species-of-crustose-coralline-algae-graph447μatum=7.98   705atum=7.81   1214μatum=7.60(pH) 

プラヌラが着底出来なければ、次世代のクラゲたちは産まれようがありません。
近年海洋酸性化が問題視されていますが、クラゲ類にとっても問題になるかも…。

如何だったでしょうか?
実は他にも環境要因として光量がストロビレーションを誘発する上で重要な鍵になる等、

様々な事が報告がされています。

そしてなんと!

近年の研究成果によりとある誘導体と遺伝子、ある身近な薬品が
ストロビレーションを誘引する上で非常に重要である事が判明いたしました!!

それは何か!?

これについては次回の投稿でお話ししましょう( *´艸`)

また次の投稿でお会いしましょう♪

コメント

コメントを残す

*